横芝光町 山崎さだかず

個人のことや家庭、政治経済など幅広く意見交換できればと思い開設しました。

民政文教・産業建設常任委員会 合同視察研修

午後2時:横芝光町学校給食センター工事現場視察
昨年6月着工、2月末完成予定の学校給食センター工事が順調に進捗しております。

P1000044.jpg

外壁断熱パネル張・屋上防水・LGS間仕切り・厨房ダクト工事などの施工状況を視察しました。
安全対策には十分な注意を図って、立派な建物を完成させてもらいたいです。
3月に機械器具の設置・新運転、職員の研修等を行い、4月1日供用開始です。

建築・機械設備・電気設備工事費:456,203,500円(税抜)


午後2時50分:篠本新井地区ほ場整備事業工事現場視察
篠本新井土地改良区事務所で県営事業と国営事業の説明を受けました。

P1000046.jpg

【集落営農が農家を救う】
1.集落別換地 
2.農業機械の共同化 
3.集落でまとまったライスセンター 
4.認定農業者による営農
これらの取り組みによって自立した農業経営を目指すとのことです。

【地下水位制御システム「フォアス」による裏作農業】
田面下60cmに有孔管(幹線・支線パオプ)を埋設し、ほ場への給水と排水を制御する地下かんがいシステムです。(暗渠排水パイプを使ったもの)

<稲作時>
適度な土壌水分を自動に維持できることにより、用水管理の省力化が図られると同時に、用水量の低減にもつながります。
<畑作時>
湿害と干ばつを回避でき、作物の安定生産が図られます。 地下かんがいで下層土の乾燥、亀裂発生を抑制できるため、水田としての機能が維持できます。

P1000048.jpg

【事業名:経営体育成基盤整備事業】
(目的 1)区画整備・暗渠排水を行い、区画の大規模化と農業の集団化を図り、乾田化による汎用化耕地を造成することにより、営農の効率化と土地の有効利用を促進し、農業機械の大型化を通じ大規模経営による土地利用型農業の確立を目指す。
(目的2)3つの営農組織による農地の利用集積を行い、機械の共同利用や地域ぐるみの営農による低コスト化を実現する。

【関連事業】
(1)国営両総農業利水事業 栗山川中流部に位置する篠本新井地区、南条地区、多古地区の取水口(4機場)を1箇所に統合し、維持管理の合理化を目的に建設される。
(2)県営かんがい排水事業「南条・多古地区」栗山統合機場から送水される農業用水を主要な加圧機場まで送水するよう水路(管)を国営関連事業として整備する。

P1000047.jpg

総工事費:約37億6千万円 受益面積:231.9ha 事業主体:千葉県 事業期間:平成20年度から25年度

ブログランキングに参加しています

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syamazaki.blog109.fc2.com/tb.php/29-e9fb82ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad