横芝光町 山崎さだかず

個人のことや家庭、政治経済など幅広く意見交換できればと思い開設しました。

横芝光町議会議員視察研修会 ナリコークリーンセンター

午後2時から一般廃棄物処理施設、成田市十余三天神峰にあるナリコークリーンセンターに視察研修に行きました。
参加者は、鈴木克征議長初め議員15名、齊藤町長、川島議会事務局長、合計17名でした。

㈱ナリコーは、昭和44年12月、成田国際空港の関連事業をおこなう目的で、成田市に設立。事業は、空港メンテナンス業務、廃棄物処理業務、土木建築業務、住宅販売業務、葬祭業務などの企業総合会社です。
この度の視察研修ナリコークリーンセンターは、◆ 一般廃棄物処理(第一工場) 成田検疫所などの成田国際空港関連官公庁関係・成田国際空港㈱などの会社関係 ◆ 産業廃棄物処理(第二工場) 国保旭中央病院などの官公庁関係・成田赤十字病院などの民間関係の廃棄物処理を行っております。そして、現在第三工場(一般廃棄物中間処理施設)が建設され9月完成予定です。第三工場には、ごみ焼却熱を利用した1日当たり1,350kwの発電能力を持った発電装置が設備されております。

2011-07-12 14.45.15

◇ 今回の視察の経緯
平成23年6月14日議会全員協議会において、芝山町・横芝光町・多古町の今後のごみ処理方法の考えについて、執行部より説明をいただきました。
現在、横芝光町は合併前の一部事務組合の山武郡市環境衛生組合と匝瑳市ほか二町環境衛生組合に加入しております。

1.匝瑳市ほか二町環境衛生組合(匝瑳市・横芝光町の光地区・多古町)の概要について
① この衛生組合の起債償還が平成24,25年度に終了する。
② 平成17年度横芝町と光町が合併協議会が立ち上がっていた当時、成東町・山武町・松尾町・蓮沼村・芝山町・横芝町・光町の各首長協議の場において、光町は合併した後に東総地区ゴミ処理場計画(銚子市・旭市・匝瑳市)に加わらず、山武郡市環境衛生組合に加入することが協議され、了承されていたようです。

2.山武郡市環境衛生組合(山武市の松尾・山武・蓮沼地区、横芝光町の横芝地区)の概要について
① 焼却設備の老朽化に伴い、平成24年度から大規模改修が必要である。それに伴って、今年11月には設計業務に入る。
② 山武郡市環境衛生組合の再編の検討の必要性がある。成東地区は現在、東金外三市町清掃組合に入っており、山武市と横芝光町は二つの組合に加入している。

3.横芝光町の今後のごみ処理方法の考え方について
① 山武郡市環境衛生組合の平成24年度からの大規模改修工事に参画して、一部事務組合を継続していくのか。  この場合、施設容量の拡充が必要であり、ごみ収集ピットの嵩上げにより二階建にした収集車の対応が必要である。
② 合併した市・町は同じ組合に統一する必要がある。(市町内、同じサービスに)

3.平成21年度のごみ単価の比較
 ① 山武郡市環境衛生組合 1Kg当たり70.8円
 ② 匝瑳市ほか二町環境衛生組合 1Kg当たり31.1円
 ③ ナリコークリーンセンターに民間委託 1Kg当たりおよそ28.円位ではないか。
 
4.民間委託にした場合のメリット・デメリットについて
 ① メリット  ・ごみ処理単価が安い。 ・現段階では設備投資に出資がいらない。
 ② デメリット ・民間企業の場合、リスクが伴う。 ・運搬費がどのぐらいかかるのか不明。その他

行政がその時の単価面の問題や一時的な投資忌避は許されないのではないか。行政は、将来的にサービスを続けていく使命を負っているのが、いくつかあります。その一つが、ごみ焼却場の問題です。
山武郡市環境衛生組合への参画への問題については、あまり時間はないと思います。いろいろな角度で調査・検討が肝要です。そして、横芝光町の将来的な住民の利益とサービス向上を勘案した結論が求められます。
 

ブログランキングに参加しています

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://syamazaki.blog109.fc2.com/tb.php/194-60a1248c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad